> カテゴリ
全体
M.Oさん
Kさん
荒井 紀洋
山内洋輔
池村 有美
大和空
新藤 久嗣
佐藤憲彦
チビひこ
藤沼 香
上田 崇文
田辺 優子
新井 康弘
K-Net
大沢治子
加藤 光大
メルマガより
未分類
> 検索
> お知らせ
合格体験記を
募集しております。
掲載を希望される方は
ご連絡ください。

ご意見、ご感想など
ありましたら
K-Net社労士受験ゼミ
までお寄せ下さい。


K-Net
社労士受験ゼミ
チビひこの体験記 【最終回】
いよいよラストスパート。働いている人にとってはじっくり勉強できる
週末があと3~4回。そんなこの時期私がしたことは、
1 新しい問題は見ないで・・・
2 予備校で行われる法改正に参加
3 一般常識対策
4 罰則と労務管理の暗記
の4点です。今回は1についてちょっとご紹介します。
新しい問題を見て知らないことに遭遇すると焦りと不安が充満してろくな事が
ありません。だから見ないのが得策。それより今まで頭に入れてきたことを完璧
にすることに時間を使う。

2つのことをしました。
一つ目、題して「自分で目次を作る」作戦!これは、暗記しいるだろう事項を
整理整頓する事が目的です。白紙の紙に、自分なりの大項目・中項目・小項目・
重要点を書いていくんです。

例えば、雇用保険だったら・・・【1】適用 (1)事業所 1)原則、1人でも
雇用してたら強制適用 2)例外、暫定任意適用 ・個人経営・農林水産業・常時
5人未満 cf.労災の暫定任意適用と範囲が違う。
ってな感じです。これはかなり頭が整理されて良かったです。
二つ目、「苦手な論点つぶやき」作戦!この頃になると、「問題集」が私の
メインテキストになっていました。解説文にはマーカーだの付け足し情報
だのにぎやかでした。苦手な論点や何回やっても間違える問題には付箋が
貼ってあります。これを一日1回は目を通す。そしてその正誤と理由を
つぶやく。1回正解しても付箋は外しません。数回連続で正解したら、邪魔に
ならないところに移動し自分が出来なかったことがわかる様にしておく。
そして抜き打ちで解いてみて定着したなと確信したら取り外す。
これだけ厳しい“チェック”ですから私ったら、試験当日まで付箋が貼りっぱ
なしのところもありました(^^ゞ
でも、試験当日に見直す箇所が明確だったのでそれはそれで安心でした。

 8月にしたことのもう一つは、つきなみですが、
5 夜型から朝型へ変える
ことです。風邪を引かないようにビタミンのサプリを飲んで、体調にはすごく
気を使いました。
夏休みはないけど、楽しい9月の残暑は満喫できます。
あと少しです。頑張って下さいね♪  

                             おしまい
[PR]
# by sr-knet | 2006-08-02 06:19 | チビひこ
チビひこの体験記【7月号】
「雨が続くから外で遊ぶより部屋で勉強している方が快適!」
なんて自分をだましながらのラスト2ヵ月です。

さてそろそろ後回しにしていた「安衛」の存在に気付いてあげる時がきちゃいました。
私がこの時期にやったのは、「安衛」と「択一対策」でした。 

「安衛」って、一見丸暗記のように思いがち。
でも実は他の科目同様、まずは「理屈」を押さえると結構ラクなんですよ。
もちろん最終的に覚えなきゃいけないところはありますけどね。

では、どうやって大枠を押さえるのか?!
よく安全衛生管理体制や健康診断なんか表になっているけど、
この表の数字を覚えるのは一番最後!
最初は手元にあるテキストのリード文や欄外に書いてある、「どうしてそうなるのか」
というところを読み「理由」を把握する。
もし手持ちのテキストになかったら本屋でも図書館でもその部分だけ
さっと目を通してみる。

例えば、安全管理者と衛生管理者。
それぞれ選任事業場や人数が決められているけど、
どっちが何人か選ぶ人数か決まっていたような・・・
それぞれ安全と衛生を管理する人なんだから・・・
「安全」を気にするのは、オフィスで普通に事務作業をする所より
大きな機械を動かしたりする所。
だから安全管理者は業種が決まっている。
「衛生」は業種にかかわらず人が集まれば菌なりの衛生問題が発生する。
だから衛生管理者は業種が決まっていないし、
働く人が多くなれば選ぶべき人も多くなる。ってな具合です。
それから業種を覚えたり、選任人数を覚える。
そうすれば、選任事業場や人数を逆にした基本的な問題なんかには
ひっかからないでしょ!!

「択一対策」=目的条文の怪しい文言の暗記。
テキストや問題集の解説文章にもマーカーして、緑のシートで隠して朗読と
筆記をしました。
電車の中などの細切れ時間を利用。
筆記用の紙も緑のシートと一緒に挟んでおくと便利。
目だけだと覚えている気になるので必ず書くことをお勧めします。
それと、暗記モノの代表=理屈のあまりない罰則や労務管理は8月になってから
覚え始めました♪

つづく
[PR]
# by sr-knet | 2006-07-13 06:12 | チビひこ
チビひこの体験記【6月号】
気分もジメッとなりがちなこの季節ですが、いかがお過ごしでしょうか。

答練も一通りまわって落ち着いている(?)かもですね。そこで次の目標は
各予備校で実施している模擬試験。それまでに知識をさらに定着・拡大させ、
模擬試験で「わかる」という自信を感じていくのはもちろんですが、今回は
もうひとつ模擬試験で試しておいた方が良いと思うことを紹介します。

全部の科目を3時間30分かけて一気に解き進む本番スタイルの中で、自分が
力を一番出せるリズムというか流れみたいなものを探しておく
これは結構大切よ。

 出題は、労基と安衛→労災→雇用→労社一般→健保→厚年→国年の順。
リズムとは具体的に、解いていく「科目の順番」と「科目ごとの時間配分」。

この自分流を探しておきましょう。順番なんて最初からやっていけばいい
じゃないと思うかもですが、これが違うんです。

自分の得意な科目から進める方が効率のいい人もいれば、苦手な科目から先に
やっつけちゃう人もいます。得意苦手は無視して最初から解き進む人も
もちろんいます。嘘じゃないんです、自分のリズムや流れが狂うと答えられる
問題も「あれっ?」となっちゃうんです。だから絶対に自分流を探してくださいね。

 ちなみに私は、年金のところだけ「国年→厚年」の順に変えて、労基から
そのまま突き進みました。最初の頃は社会保険から始めてたんですが、問題
用紙をあっちこっちめくってる間でなんかリズムが狂う。
何より問題文が異常に長い労基を最初に片付けた方が、気分的にリズムに
乗れたんです。

 「順番」が決まったら「時間配分」。これは、「ラップ」を決めておくと
便利です。例えば目安を「一科目30分」としかしてないと、試験中に3科目
終わって時計見たとき何時だったら余裕があるのかひと目ではわかりずらいん
です。それに、他より時間がかかる科目(私にとっては労基でした)だって
あるんだから一概に30分と決めたら焦っちゃうだけ。
それより、労基40分+労災25分+・・・みたいに自分流の時間を決め、
「この科目が終わった時に3時前ならOK」という具合に、2つくらいラップを
決めておく方が時計も見やすいし、気分もラクになりますよ♪
[PR]
# by sr-knet | 2006-06-13 08:08 | チビひこ
チビひこの体験記【5月号】

 勉強中こんなことはありませんか?
「あれぇ~60/100って他にも出てこなかったけぇ?」
どこに出てきたんだっけ・・・でも確かに絶対どっかで見た!
この状態じれったいんですよね。
自分の記憶力の乏しさに絶望しそうにもなります。
しかし!実はコレ、次のステップに進む大切なサイン♪『横断学習』です。

「他で見たことあるかも」なんて、勉強したての頃はこれっぽっちも
思わなかったのに!
「あれっ?!」と気付くなんてしめたもん。
知識が定着してきたっていう証拠!絶望するどころか喜ばしいことよ♪

私がした横断的な学習、といっても特に何をしたということはありません。
こんな感じです。
「60/100」の例で言ったら、
A4の紙に『労基、休業手当=平均賃金の60/100』と書き、
噴出しに『他にも60/100があったはず』とメモします。そして大捜索を開始。
テキスト、過去問、自分のノート・・・どうしてもわからないときは、
後日人に聞いたり・・・が何でも犯人を探し出します。

そして『労災、休業補償給付のところ』に登場していたことをA4に書きます。
でもよーく読んでみると、同じ60/100でも何の60/100かは
労基と労災では違うぞ、ということに気付きました。
そこで棒グラフで違いを書いて視覚でも覚えておきます。
犯人を発見した瞬間のスッキリさは最高♪ この積み重ねです。
横断学習は、「あれっ~これどこかで同じようなものがあったかも」という
疑問からはじまります。
同じ科目内での横断、科目を超えての横断。
犯人探しをするような、ゲーム感覚で整理していくと勉強がおもしろくなりますよ。

“サイン”が出たら横断学習をスタートしましょう。

ちなみに私は確認のために、7月頃に横断の本をひとつ購入しました。
あくまでも確認のためです。
自分で疑問に思い、探し当てる過程が知識定着への近道ですから。(^^)♪

  つづく
[PR]
# by sr-knet | 2006-05-11 06:33 | チビひこ
チビひこの体験記【4月号】
チビひこです。

春って人事異動で歓送迎会とかの付き合いが増えたり、日本人大好きな
お花見と称した飲み会があったりで、陰謀としか思えないほど私を勉強から
遠ざけようとする環境がととのう。焦るならまだ良いけどそのうちなんだか
やる気がなくなってきた・・・なんてこと、私はよくありました。
基本的に「やる気がない時はやらない」はアリだと思います。そのうち絶対
焦ってくるから。
 それでも自分に言い聞かせたのは「とにかく5月までは答練の予習に20%、
復習に80%」をこなすということ。私は、復習に(特に最初の頃は)1科目
1週間くらい掛かっちゃってました。単純に7週間で全科目1回という計算に
なります。2回目はもうちょっと時間もかからないだろうから5月中には
2回できる!!しかも予習も入れたら4回まわせる。復習さえこなしていれば
いいんだ。それ以上頑張る必要はないんだ、って思うと肩の力が抜けてラクに
なったことを覚えています。
 そこで、答練の復習方法で工夫した点をご紹介します。まず試験中は、時間が
許す限り問題用紙の各肢の余白に、○×の根拠をメモしておく。わからない時は
空白に。あと○×をAとかBの上ではなく端っこに書くと後で邪魔になりませんよ。
そして復習で、書いてある根拠と自分で書いた○×を隠しながら、もう一度問題を
解く。各肢の○×判定の根拠が同じで正解ならそれは確実に定着した知識ということ。
それ以外を再度、解説やテキストで確認し、自分の言葉でノートに書き出していく。
ノートといっても私はA4のいわゆるコピー用紙を使っていました。表やグラフ噴出し
など自由に書けて必要な箇所だけの持ち運びに便利だからです。
 ここで出来上がっていくノートは、言わば私の弱点集。ポケットに入れて、電車や
トイレ、昼休みや移動時間など1分でも時間があったらブツブツ『なりきり作戦』
http://blog.goo.ne.jp/sr-knet/e/46484e861549e13a1dda7ccd4ea0a529


するのに大活躍デス(^^)♪
つづく
[PR]
# by sr-knet | 2006-04-08 06:56 | チビひこ
チビひこの体験記 【3月号】

チビひこです。

「自分の勉強ペースはこれで良いのか、遅れてないか」なんて
不安を抱えている人いませんか?

ところで、街で「答練3回パックで○○万円」とか「答練で実力養成」なんて
宣伝みかけます。実はこれ、上手に使えばペース配分などの良いバロメーター
になってくれますよ。

○月△日に「労基・安衛」「労災」の答練があるとわかっているから、その日までに
「過去問を解きながらわからないところはテキストに戻る」の一連をやっておく
のです。言ってみれば予習です。そして答練後は徹底的に復習。
私の感覚でいうと予習20%、復習80%って感じかな。

そこで私が心掛けていた“復習3か条”をご紹介します。
1 50の肢すべてに “根拠”をつけて○×判定。答練中に時間があれば余白に
 自分なりの根拠を書き出しておくと復習の時に役立ちます。
2 マニアックな肢は軽く「ふーん」と流す。大切なのは基本的な考え方
 でもどれが基本かわからなかったら誰でもいいので(予備校の先生とか答練時の
 担当の人とか添削の先生とか・・・)これは基本ですか?と聞く。
3 関連する過去問を解く。そうすると予習と復習で最低2回は過去問をまわす
 ことになります。

とにかくこの時期は「わかったつもり」から「確実な知識の定着」にしていきたい
のだから、答練で「わかったつもり」だったことや違う角度から問われて解答
できなかったことをひとつずつ噛み砕いていく。そのためにこの復習は何時間
かかっても何日かかっても必ずやる!
これをしなかったら答練を受ける受験料がもったいないです。
モトは取らなきゃね(^^)♪     
                          つづく
[PR]
# by sr-knet | 2006-03-13 05:52 | チビひこ
チビひこの体験記【2月号】

 私チビひこは、勉強しててこんなことがよくありました。
「わかったつもりだったけど、全然わかってなかった」・・・「つもり病」です。

偉い人は「インプットする能力とアウトプットする能力は別もの。だから
アウトプットできるようにしなさい」と言います。
でもそれって、知識が頭にある程度インプット(=定着)していることが
大前提なんですよね。ない物は出せないなんだから。

ということでまずは、「聞いたことあるけどなんだっけ?」のレベルを
卒業せねばなんです。
ひとつひとつの事柄を確実に頭に入れていく。知識の“理解”から“定着”に
目標を移します。

そのために私からの一押し方法をご紹介します♪
名付けて『なりきり作戦』。
講演バージョンと個別指導バージョン。

講演バージョンは、100人くらいの観客がいてその前で各法律を説明していると
仮定してテキストを読むんです。これはテキストに書いてあることを覚えようと
するときにおすすめ。
100人もいると後ろの方の席は遠い(と想像する)。その人にもわかるように
大きな声で、ゆっくり読む。大切なところは何回も読む。ジェスチャーも入いる。

個別指導バージョンは、目の前にいる1人が理解できるように説明してみる。
「こういう風に図にしてみるとよくわかるんだけど・・・」ってな感じで。
頭がぐしゃぐしゃになりやすい論点を覚える時なんかにおすすめ。

これらの良い点は、自分の五感をフル回転させてしまうところ!
テキストを目で見て、口にした自分の声を耳で聞いて、説明のために体を使ったり、
紙に書いたり・・・。要は、他人に教えると自分も勉強になるってやつ、それを
空想でやっちゃおうってことです。
この『なりきり作戦』をしょっちゅうしてた私は、傍から見たらアブナイ人だった
と思います。   
     
つづく(^^;)
[PR]
# by sr-knet | 2006-02-06 05:54 | チビひこ
K-Net 社労士受験ゼミ
チビひこの体験記【1月号】
[PR]
# by sr-knet | 2006-01-25 15:30
チビひこの体験記【1月号】

こんにちは。チビひこです。
ちょっと勉強がすすんでいる人は、本格的に問題集に挑んでいる
かもしれませんね。正解だとうれしいし、間違っていると落ち込むし・・・
でもその一喜一憂ちょっと待って下さーい。
「問3の正解がBだったのがあたったのでうれしい」
「問3の肢が全部○×の理由も込みで判別できたのでうれしい」・・・
前者は8月の本番用、後者が勉強中用のうれしいだと思うんです。
肢の正誤がわからなくてもすぐに回答は見ません。
テキストをひっくり返しながら「あっここに書いてある」という
ところまで「答えとその理由」を探します。この作業がすごく勉強に
なるんです。テキストを何回も読むことになりますから。
見つけ出したところはテキストに「色付け」です。
そして肢の回答と解説を読みます。その際も問題集の解説には
「色付け」をします。
余談ですが、色付きコメント付け足しで、最終的にはこの問題集が
“私のテキスト”になっていました。
問題集を利用する目的は「理解を深める」こと。
だから答えがあたったかどうかはどちらでもよいと思います。
「理解を深める」ために、テキストと格闘する。そして解説で考えた
答えと理由が正しいのか、またその解説内容が理解できるのかを
解説でチェック。
このように一問一答方式で進めるのがお勧め!(一問一答式の問題集を
購入しましょうという意味ではないです)
実際、私は1月下旬くらいから問題集を10回まわしました。
ページの上に何回目かわかるように「正」を書いていくんです。
あと、間違えた肢には「レ点」を打っておきました。後半になると
いつも迷う問題は一緒なことに気付きます。
回数を重ねてきたら、もちろんテキストなしで回答と理由がわかるように
なります。しかも注意事項やここが引っかかりやすいなんてことまで。
最初の3回くらいはすごく時間がかかるけどその価値は十分にありますよ
   
                       つづく(^^)
[PR]
# by sr-knet | 2006-01-16 06:13 | チビひこ
チビひこの体験記【12月号】

こんにちは。チビひこです。

今年の年末年始のカレンダーはあまり魅力的ではないので、受験生にとっては
ありがたいのかしら・・・?!
「しゃーないから勉強でもすっか」と思っている人も多いのでは?!
そこで私がお勧めする年末年始の過ごし方!『テキスト類には一切さわらない』です。
やっぱりこれくらいメリハリをつけなきゃ

気分もすっごくノリノリで勉強がはかどっているならまだしも、「やることないから」
とか「仕方ないから」で机に向かっても絶対と言っていいほど頭には入りません。
なんてたってこの時期は、のんびりぼっーの空気に囲まれているんですから。
だったらいっそうのことやらない!
 頭には入らないけど一抹の不安を感じる。
そんな時、私は「いたずら書き」をしました。
それまで勉強した中で、頭に残っている単語や事柄を白い紙に書き出すんです。
フリーに思いつくまま書く。
例えば、労基だったら、
「1日8時間週40時間、あれ7時間だっけ?」
「1年変形・・・なんて言うだっけ?」
「女性が妊娠したら産前産後休暇以外になんかさせちゃいけないこととか
あったよなぁ?」
という感じです。
ほとんど、いたずら書きのようです。
が、こうすると見たくなっちゃうんですよね、テキスト。
「見たい」と思う自分の気持ちは押さえてはダメ!
ぜひテキストで確認しましょう

そして紙に自分の言葉で解決文を書く。写すんじゃないのがミソです。
この紙をあとで見ると結構ためになります。
私は受験時代、A4の紙をいつもファイルに入れて持っていました。
ふと思いついた疑問なんかを書き留めるためです。
今頭にある「疑問」は何なのかを自分が把握できてとても便利ですよ。
一番の敵は「何がわからないかがわからない自分」ですから。
そして解決文を入れた紙は穴をあけて閉じていきます。
「テキストには一切さわらない」「いたずら書きをする」どっちで過ごしても
この年末年始が終わったら、いよいよ本番を迎える年の始まりですね♪

がんばるぞぉー  つづく(^^)
[PR]
# by sr-knet | 2005-12-09 06:24 | チビひこ
   

社労士試験の合格者が語る受験の動機、勉強方法など体験記を掲載しています。
by sr-knet
> 最新のトラックバック
GWは遊びますか?それと..
from 初心者が稼ぐためのアフィリエ..
社労士に関するブログです
from みかんの国の社労士開業への道
弱点について【40代セミ..
from 40代セミリタイア宣言ブログ
TAC
from 学校にいこうぜ!
> フォロー中のブログ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧